シニア犬の震えが考えられる原因

  1. >>
  2. >>
  3. シニア犬の震えが考えられる原因

老犬の震えの原因

老犬でも足が震えていたりすることがあり、成犬の時とは勝手が違い、足腰が弱ってくると震えてきます。
特に後ろ足が震えるような老犬が多く、散歩して歩いて動いているときは気にならなくても、立ち止まると震える場合もあります。
筋力が衰えて、十分に体を支えることが出来なくなったために、震えるのです。

また寒い場合も震えることがあり、室内でも人が快適と思っても、犬には寒い場合もあります。
特に老犬になると、体温調節機能も衰えますので、人よりも寒さには敏感になります。

不安から震えることもあり、老犬となると視力や聴力も衰えますので、留守番をさせられると不安に思うことも多いです。
そのような場合は、十分に普段からスキンシップしてあげると、不安を取り除けます。
雷などが発生して恐怖を感じても、震えることがあります。

痛みや怪我から震えることもあります。
犬は言葉が話せませんので、飼い主が知らない間に怪我をしていることもあります。
痛みで震えが起きるということは、すでにその痛みがかなり強いことを意味しますので、早めにどこが痛むのかを調べてあげて、対処するようにしましょう。
熱があったり病気でも震えることもあります。

更には、腐っている物を食べた、散歩中に毒性のあるものを食べたなどのことから、中毒を起こし震えることもあります。
特に震えに関して原因が思い当たらない場合は、中毒でないか医者に診せた方が良いです。

その他にも食事の量が少なく低血糖から起きる場合、車酔いなどの乗り物酔いからくる場合、トイレを我慢して震えることもあります。

震えの対処方法

もしも筋力の衰えからくる震えであれば、散歩は無理のない範囲でさせましょう。
ただ極端に運動量を減らすと、よけいに筋力を衰えさせますので、散歩の量は少しずつ減らすのが良いです。
または散歩の量は減らさず散歩中にこまめに休憩を取る、短い距離の散歩を数回に分けて行なうという方法もあります。

その他に原因で震えがある場合は、それぞれに対応した対処をしてあげましょう。
一時的な震えであれば、その時々で対処すれば、改善できます。
また飼い主は日頃から、老犬とも積極的にこまめにスキンシップをしてあげるべきです。
老犬となると、体の機能が衰えて不安も多くなってきますので、普段からのスキンシップで不安を解消してあげましょう。

外に出られられないような老犬の場合は、無理に運動をさせるのではなく、マッサージするなどしてあげると良いです。
マッサージは犬とのスキンシップにもなり、犬にもリラックス効果を生みますので、犬の心も落ち着きます。
そして老犬が震えた場合は、飼い主が近くにいるだけでも、犬は安心できます。