認知症が考えられる症状

  1. >>
  2. >>
  3. 認知症が考えられる症状

勝手に行動する場合

・夜中には徘徊する

夜中に徘徊する犬は、昼間長く寝ていることが多いです。
徘徊を止めるのは難しいですが、眠る時間のバランスを保つと、夜眠って徘徊を少なく出来ます。
昼間眠ったら起こす、昼に運動させて疲れさせる、日光浴をさせるなどして、夜ぐっすり眠れるようにしましょう。
また老犬の体調を整えることも、徘徊を防ぐのに役立ちます。

・夜鳴きする

夜の徘徊同様に、昼夜のバランスを保つと、夜は眠り鳴かなくなります。
睡眠導入剤を使う方法もありますが、あまり効かずに、昼までも眠たくなることもあり、効果的かどうかは犬によって違います。
あまりに近隣とのトラブルになるようであれば、老犬ホームに預けるなどを考えるべきです。

・名前を呼んでも反応しない

聴力や視力が低下し、飼い主の行動がよくわからないこともあります。
近くで大きな声ではっきりと呼んであげましょう。
それでも反応しない場合は、認知症で自分の名前を忘れている可能性があります。
獣医と相談すべきですが、認知症は改善が困難なので、新しい個性として受け入れ付き合うしかありません。

・家具や壁にぶつかる

犬は後ろに下がるという行動が苦手であり、特に老犬になるとさらに不自由となります。
この後ろに下がるという機能が低下すると、壁や家具にぶつかりやすくなります。
ぶつかることを防ぐのは難しいですが、壁や家具にクッションを付けるなどして、怪我をしないようにしてあげましょう。
また壁際などにご飯や水皿を置くと老犬が動けなくなる場合もありますので避けるようにしましょう。

・その他

極端に感情を表さなくなった、目の焦点が合っていない、しつけが出来なくなった、急に怒ったり噛んだりする、などは認知症の疑いがあります。
食事を済ませたのに、すぐに食事を要求するのも認知症の可能性が高いです。
獣医と相談し、認知症かどうか、どのように対処するか決めましょう。

認知症の予防

DHAやEPAの成分が認知症予防に効果的と言われています。
そのような成分が配合されたご飯を与えるのも良いでしょう。

また犬と積極的に接して、犬が頭を使うように工夫してあげると、認知症の予防になります。
毎日の散歩のルートは適宜変更して犬に刺激を与えるようにする、老犬と遊んであげて五感をフルに使い、脳も刺激してあげる、老犬と積極的にスキンシップを図り体や脳を動かさせる、などのことが有効です。
特に一緒に遊んであげる場合は、知育玩具などを取り入れて、脳を刺激してあげましょう。

どうしても一度認知症になると、それを薬などを使っても改善するのは難しいです。
認知症になった愛犬とは、そのようなものなんだと、新しい個性として付き合って世話していきましょう。