食事の介護

  1. >>
  2. >>
  3. 食事の介護

ご飯を食べない

老犬になると必要な食事量も減り、食欲不振になることもあります。
病気が原因で食べなくなる場合もありますので、まずは獣医に相談してみましょう。
ただ病気以外でも、食事をしなくなる犬もいます。

老犬になると、食事の時の首や足の姿勢が辛くなることもあります。
食事の際は、台などを用意してあげて、楽な姿勢で食べられるようにしてあげましょう。

嗅覚や味覚が衰えて、ご飯を美味しく感じなくなる老犬もいます。
嗜好性の高いご飯ばかりあげるのは、栄養が偏り良くないので、ドッグフードに嗜好性の高いご飯を少し混ぜてあげましょう。
お湯で温めてあげると、香りや味が増して、美味しいと感じるようになることもあります。
ただ温めると、栄養素を壊すこともあるので、人肌程度にあまり熱すぎないようにした方が良いです。

老犬では1回の食事量も減りますので、1回の量を減らして、ご飯の回数を増やすという方法もあります。

歯周病や歯が抜けたことで、食べにくくなったり、痛みで食べられないこともあります。
お湯や水でご飯を柔らかくして、食べやすくしてあげましょう。
成犬用ドッグフードだと内臓に負担がかかることもありますので、シニア用ドッグフードに変えましょう。

自分でご飯を食べられない

体力が落ちたり寝たきりになると、自分で食事できなくなる場合もあります。
このような時には、流動食で栄養補給させる方法があり、市販の流動食の他に、ドッグフードをすりつぶすという方法もあります。

与えるときは、市販の注射器に流動食を入れて、口の中に流し込んであげます。
犬の頭を立ててあげて流動食を流し込むと逆流したり気管に入るのを防げます。
与えるときは、少しずつ流動食を流し込み、様子を見ながら与えます。

ただ普段大人しい犬のでも、老犬になり自由がきかないとストレスを抱えていることもあり、流動食を与えようとすると暴れることもあります。
もしも嫌がるようであれば、無理矢理与えるようなことは窒息する危険もありますのでやめましょう。

食べた後吐く

食べた後1度だけ吐くようなケースでは、変な物を食べさせた、急激に運動させたことが考えられます。
元気であれば、そのまま様子を見てみましょう。
もしも嘔吐が続くようであれば、下痢している可能性もあり、獣医に早めに診せるべきです。

消化できずによく吐くようであれば、ドライフードのドッグフードを与えている場合は、お湯などでふやかして消化しやすくして与えます。
またはウェットフードなど、消化しやすいご飯を与えましょう。
寝たきりなどの老犬が吐くようであれば、飲み込む力が弱くなっていることが考えられ、食事後に頭を立てるようにして、食後も頭を高い位置にして、飲み込みやすくしてあげましょう。