老犬と痴呆症状

  1. >>
  2. >>
  3. 老犬と痴呆症状

深夜徘徊

老犬の痴呆の症状として多いのが、深夜に徘徊をしてしまうものです。
これは、痴呆の症状である昼夜逆転現象によるもので、人間と同じく、犬も痴呆になってしまうと、時間間隔がなくなってしまうのです。
深夜に徘徊されてしまうと飼い主の負担になることも多いので、注意が必要な症状です。

深夜徘徊を防ぐためには、犬の時間間隔を戻してあげることが重要で、徘徊自体は止めるのが難しいですが、深夜に徘徊しなくなるだけでも、ずいぶん楽になるのではないでしょうか。
これは飼い主が意識的に対策をすることが重要になってきて、昼間の行動を増やしてあげることが重要です。

深夜徘徊をする老犬は、夜に眠ってしまうことが多いので、眠っているのを見かけた場合には、定期的に起こしてあげるとよいでしょう。
また、昼間の運動を促すのもおすすめで、昼間に運動をさせることによって、適度に疲労させることができ、夜に眠りやすくなります。

さらに、深夜徘徊の症状と同時に出やすいのが、夜泣きです。
夜泣きは、飼い主に影響を与えるのはもちろん、周辺住民とのトラブルになることもあるので、より注意が必要です。
医師に相談して、睡眠導入剤などを処方してもらう方法もあるので、夜泣きについては獣医に相談してみるのがよいです。

名前を呼んでも反応しない

名前を呼んでも反応しなくなってしまった場合には、痴呆の可能性があります。
しかし、老犬ということで、その他の部位にもトラブルが発生している可能性があり、一概に痴呆と決めつけることはできないでしょう。

老犬になってくると、聴力や視力が低下することもあり、単純にみえていなかったり、聞こえていなかったりする場合があります。
また、痴呆が原因で呼んでも反応しなくなる場合には、名前を忘れてしまっている可能性があります。
大きな声ではっきりと名前を呼んでみると反応するなら、痴呆ではなく、聴力が弱っているのが原因だといえます。

目の焦点が合わずボーっとしている

目の焦点が合わずボーっとしている場合は、痴呆の可能性が高くなってきます。
これは痴呆特有の症状になってきて、目の焦点が合わずに、遠くをじっと見つめているような表情をすることが多くなります。
また、一日中ボーっとしているかと思えば、手を出したりすると、吠えたり、噛んだりするしぐさを見せるのも痴呆特有の表情だといえるでしょう。

痴呆になってしまった犬は、表情があまりなくなってしまいます。
さらに、急に怒ったりするのも痴呆を患った犬の特徴なので、これらの症状に当てはまるものが多いなら、一度痴呆を疑ってみた方がよいかもしれません。
痴呆は早めに発見して、それ以上進行させないための対処が重要になってきます。