口腔ケア

  1. >>
  2. >>
  3. 口腔ケア

歯磨きをしよう

老犬になっても歯磨きは必要であり、飼い主が歯磨きをしてあげないとなりません。
人と同じように、犬の口の中も汚くなれば、虫歯になったり歯周病になったり、さらには口臭も発生します。
野生の犬は硬い肉をそのまま食べて、良く噛まないと食べられないので、噛むことが自然と歯磨きになり、虫歯もありません。

しかしペットの犬となると、柔らかい餌を与えるので、歯磨きをしないと虫歯になり、多くのペットは歯周病を持っています。

歯磨きをするときは、成犬などと同じように歯ブラシを使って磨いてあげます。
ただし慣れていないと、玩具と間違えてボロボロにしたり、歯ブラシを飼い主が乱暴に扱うと痛がって嫌がります。

歯ブラシを使うことに慣れていないなら、まずはそれから始めないとなりません。
まずは歯ブラシの前に、飼い主の指にガーゼを巻いてそれで磨いて慣れさせ、ガーゼに慣れたら歯ブラシを慣れさせていきましょう。
磨くときは犬用の歯磨き粉を使って、歯を磨いてあげましょう。
味の付いている歯磨き粉を使うと、犬も子供と同じように嫌がらない場合が多いです。

犬の歯や歯茎の状態

健康な犬の歯であれば、白い歯であり、歯茎も健康なピンク色です。
これが歯石が付いている、汚れている、歯茎が赤くなり腫れている、などの場合は不健康で口腔内が汚れている証拠です。
虫歯や歯周病が進行すると、人間と同じように犬も痛みを感じるようになり、食事がしにくくなる、眠りにくくなるなどがあり、健康に良くないです。

また歯周病菌は、そのまま放置しておくと、歯から神経や血管を通って、犬の体全体に広がっていき、病気を誘発する危険もあります。
もしも歯石が付いているなら手術で取り除き、飼い主がその後は歯磨きを毎日行なってあげて、口腔内を綺麗に保ってあげましょう。

口臭や歯周病

・口臭

老犬の口臭が酷い場合は、歯周病の疑いがあります。
歯石を取り除くなどの治療で改善が期待できますが、その場合は全身麻酔して歯石を取り除きます。
全身麻酔は犬にとって大きな負担となるので、医者と良く相談しましょう。
抗生物質や痛み止めなども、1つの対処方法となります。

ただもしも歯石を取り除いたとしても、歯磨きを怠ると、また歯石が付いて同じ状態となりますので、飼い主が歯磨きをきっちり行なってあげましょう。
特に痛がらないようであれば、出来るだけ歯磨きはしてあげるべきです。

・固い物を食べない

こちらの場合も同様に、歯周病の疑いがあります。
歯石除去や歯磨きなど、口臭のときと同じように対応しましょう。
歯が健康なら噛む力が衰えたためです。
ドッグフードをお湯で柔らかくするなどして、食べやすくしてあげましょう。
歯が痛むような場合も、柔らかくして与えると良いです。