シニア犬のシャンプーのコツ

  1. >>
  2. >>
  3. シニア犬のシャンプーのコツ

短時間でシャンプーを終わらせる

老犬になっても、毛や皮膚を清潔に保ったり、臭いを発生させないためには、シャンプーは必須です。
これは冬などの寒い時期でも、必ずシャンプーしてあげましょう。

出来るだけシャンプーの時間は短くしてあげて、老犬でも体を冷やし体力を奪うので、長く洗いすぎると体に良くありません。
ただすすぎをしっかり行なわず、シャンプーの成分が皮膚に残ればアレルギーなどの元にもなりますので、素早くしっかり行なうということがポイントです。

シャンプーを付けるときも、そのまま直接犬の体に付けるのではなく、スポンジなど泡立たせてからつけると、体全体にシャンプーを付けやすくなります。
耳にシャンプーが入らないように気をつけて、心配ならタオルなどで塞いであげて行なう方法もあります。

肉球の間や脇、耳の付け根などは汚れが溜まりやすいので、忘れず念入りに洗ってあげましょう。
しっぽ周りも汚れやすいので、ここも洗ってあげましょう。
そうして、体全体を素早くシャワーですすぎ、手早く行ないましょう。

シャンプー前の準備

シャンプーする前には、まずは毛玉をほぐして、毛の奥の汚れを浮かせておくことで、素早く綺麗に洗えます。
毛玉が残ったまま洗うと、汚れが落ちない部分が出て、すすぎ残しも起こしやすくなりますので、事前の毛玉ほぐしは重要です。

お湯のシャワーを犬の体にかけても、なかなか毛の奥まで濡らすことは出来ないので、シャワーヘッドを体に密着させて流してあげると、奥の方まで濡らすことが出来、シャンプーも泡立ちやすくなります。

乾かすときは素早くしっかり行なう

すすいだ後に、そのまま老犬の体を濡らしたままにしておくと、体が冷えて湯冷めして、体調を崩すこともあります。
また濡れたままだと皮膚トラブルを起こす場合もあります。
乾かすときも、素早く行い、完全に乾かすようにします。

ただのんびり乾かすと、犬に負担をかけることとなりますので、ドライヤーを使うのはもちろん、それと同時にタオルも使用します。
ドライヤーの前にタオルで全体を拭いて、体の余分な水分を取り除いておくと、ドライヤーを使っても短時間で乾かすことが出来ます。
普通のタオルよりも吸水タオルを使った方が、素早く水分を取り除けます。

ドライヤーで乾かすときは、体が冷えないようにまずは冷えやすいお腹や胸から乾かします。
老犬はトイレの介護などを行なうようになると、どうしても体が汚れやすく、床ずれを防ぐためにも体は出来るだけ清潔にすべきです。
ただ何度も頻繁にシャンプーを行なうのは犬の負担にもなりますので、汚れの程度に合わせて、ドライシャンプーやシャンプータオルなどを使用しても、汚れをある程度取り除くことが出来ます。