シニア犬の食事管理

  1. >>
  2. >>
  3. シニア犬の食事管理
管理食事

シニア犬になったら食事管理を

シニア犬になると内臓の機能が衰え、必要な栄養分を充分に吸収できなくなってしまいます。

また新陳代謝の機能も低くなってしまうので、同じ量を食べても太りやすくなり肥満の原因になってしまいます。

そのため食事量を全体的に抑えめにするとともに特定の栄養素に配慮した内容にしていくことが求められます。

具体的には、シニア犬の場合体内でタンパク質を生成する機能が衰えるとともに腸の働きが鈍くなることで便秘がちになります。

そのため高品質の動物性蛋白質を含んだドッグフードや、適度に食物繊維が含まれたり乳酸菌を含んだ食品を選ぶようにするのが最適と言えます。

シニア犬向けのドッグフードなどが専用に販売されていることもありますが、急に切り替えるのが難しいならそれまでのドッグフードに手軽に栄養素を補えるサプリメントなどを使うのがおすすめです。

気をつけたいのが栄養素を補うために人間の食事のようなものを与えないようにするということです。

特に食物繊維を増やそうと生野菜をあげる飼い主さんもいますが、それは逆に腸を傷めることにもなるのできちんと専用の食品を使いましょう。

器や食べるときの位置にも気をつける

シニア犬への食事のケアでもう一つ注意してあげたいのが、食べるときの姿勢です。

特に体高のある大型犬の場合には、普段の食事は食器に入れたものを床に置きそこに首を大きく下げるようにして食べることになります。

高齢になってくるとこの食事の姿勢がつらいと感じられるようになってしまうこともあるので、高齢になって体力が落ちてきたようなら、食器を低めの台に乗せてあげるなど首を大きく曲げずに食物を口に入れることができるようにしてあげましょう。

食器の高さをできるだけ顔の高さに近いところにしてあげるだけでもかなり体力的な負担を軽減できます。

怪我などによりまっすぐ立つことができなくなってしまった場合には、食事の介護を飼い主さんの方でやってあげなくてはいけません。

犬用の介護製品には、寝たきりでも食事ができるようにするチューブ式の用具もあるので、伏せたり横になっている状態でも食物を口に入れることができるよう工夫をしてあげましょう。

シニア犬の療養食

高齢になってしまうことで病気や怪我をわずらい、通常の方法では食事がとれなくなってしまうということもあります。

そんなときには療養用の食事に切り替えるという方法がおすすめです。

犬向けの療法食は動物病院などで販売をされており、薬のように獣医師の指導のもとで処方をされることとなっています。

獣医による療法食は最先端の研究にもとづき専門のメーカーが作ったものを獣医師がケースごとに判断をしてすすめていくというものです。

通常のドッグフード同様にドライフードや缶詰、レトルトといったような方法で提供されます。

獣医師を通さない市販されている療法食もあり、そちらはより手軽に購入ができるようになっています。

ただやはり専門家による判断を挟まないことからあくまでも一般的なシニア犬の健康のためのものとなるので、既に何か病気が見られている犬に対しては栄養素に不足が起こってしまうこともあります。