アクセス良好な兵庫県の老犬ホーム「老犬ホームぬち・どぅ・たから」

  1. >>
  2. >>
  3. アクセス良好な兵庫県の老犬ホーム「老犬ホームぬち・どぅ・たから」

生き物の命を宝物ように考えたケア

飼い主にとってペットの存在は正に宝物であるといえます。
その気持ちを十分に理解したケアを心がけてくれる施設です。

飼い主さんの気持ちに寄り添った対応をしてもらえますので、安心して自分のペットを預けることができます。
24時間看護士さんが常駐いていますので、ペットの怪我を防止することを考えて滑りにくい床が採用されています。

監視カメラがありますので常にペットの様子を把握してもらうことができます。
飼い主はペットとの面談を常に行うことができます。飼育施設は動物病院との提携がありますので、いざという時も安心です。

1日の過ごし方

朝8時に起きます。
起きたら、トイレを済ませてから散歩をします。
9時からは朝ごはんとなります。散歩が終わった順番に食事をとります。

食事の後はのんびりと過ごすことになります。
基本的には飼育施設の餌がペットに与えられますが、飼い主が希望の餌をペットに与えることもできます。
その場合には費用の負担が必要になることもあります。

10時からは自由時間です。室内運動場が施設内にもありますので、雨に日も運動することが出来ます。
運動上の床はペットの足に優しい素材が使われています。
ペットが運動をしている間にペットの飼育施設の掃除が行われますので、いつも快適で綺麗な空間でペットは楽しく過ごすことが出来るようになります。

13時からはおやつの時間です。
おやつをもらうことによってより幸せな気分を味わうことが出来るようになることでしょう。
おやつを食べた後はペットの健康状態のチェックが行われます。

健康状態に問題があるようでしたら、提携している動物病院での治療となります。
16時からは夕方の散歩になります。無理のない形での運動をします。18時からは夕食です。
それぞれのペットの健康状態に合わせて飼い主さんが希望する餌を与えることもできます。

20時からはトイレタイムです。トイレの後は軽く運動をしてもらって、その後眠りにつきます。
ペットが寝ている間もその状態を監視することをします。
できるだけすぐにペットのトラブルに対応することが出来るような体制を取ってくれています。

施設を利用するにあたっての注意事項

ペットが施設内で病気になってしまった場合に必要になる治療費はすべて飼い主さんの負担になります。
治療については飼い主さんと相談のうえどのように進めていくかを決めます。
施設に預けることができるペットの年齢に制限はありません。

ペットを施設に預けるに際しては、狂犬病、その他ワクチン接種と証明書の提示が必要になります。
料金の支払いは一括払いとなっています。
分割払いには応じてもらうことはできません。

Grsen7uK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です