愛知の一軒家型老犬ホーム「PET CARE HOME Lyuca」

  1. >>
  2. >>
  3. 愛知の一軒家型老犬ホーム「PET CARE HOME Lyuca」

看護師さんによるペットケア施設

動物看護師さんがペットのケアをしてくれる何とも贅沢な施設です。
自宅を使ってのケア施設ですので、当然のことながらアットホームな雰囲気になります。

看護師としての視点から動物の体調管理をしっかりと行ってもらえますので、安心です。
自宅でのケアということもあり、施設内のペットは大きな親近感を覚えることも多いものです。

ストレスフリーの生活になるように常に配慮をしてもらえます。
愛知県内にお住いの方であれば、ペットの送迎を依頼することもできます。

訪問介護を依頼することもできます。
看護師の目からみて動物に異変があると感じた場合にはすぐに提携先の病院での診断を受けることも可能ですので、非常に安心です。

ペットの1日

施設内では9時にペットは起きます。
9時というのは一応目安で、それぞれのペットのライフサイクルに合わせてもらうことも可能です。

起きた後は体を慣らす意味での運動をします。
歩くことはできないペットの場合にはバギーに載せて散歩に出かけます。戸外の空気を吸う事でリフレッシュすることが出来るようになります。
散歩に出かけている間にペットの部屋の掃除が行われます。

ペットの部屋は常に綺麗に保たられるようになります。
9時半からは朝食です。

ペットの体調に合わせたメニュー作りが行われます。
看護師の観点から食事のチョイスが行われます。
食事のメニュー作りにあたっては飼い主さんからの希望も取り入れてもらうことができます。

10時半からはペットの体調チェックが行われます。
ペットに癒しを与えることを考えて、マッサージも行われます。
12時からはお昼寝タイムですので、ペットにのんびりしてもらいます。

施設内のリビングでのんびりとした時間を過ごしてもらいます。
15時からは、お昼ご飯となります。
老犬などの場合には消化しやすい食事となります。
食事の必要が無いペットの場合にはおやつタイムとなります。

16時からは食後の散歩が行われます。
運動不足解消のためにできるだけペットに体を動かしてもらうようにします。
散歩の後は夕食となります。

朝ごはんと同じようにペットの体調に合わせたメニューとなります。
飼い主さんの希望に合わせたメニュー作りをしてもらうこともできます。
また、薬の服用が必要な犬の場合には、薬をあたえます。

16時半からはトイレタイムます。その間にペットのお部屋の掃除が行われます。
21時からは就寝タイムになります。
23時からは動物たちの様子を観察するために見回りが行われます。
見回りは合計3回行われます。

利用にあたって

施設を利用することが出来るペットは原則として13歳以上になります。
ご利用にあたっては事前のカンセリングが必要です。

Grsen7uK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です