茨城のテーマパークが運営する「老犬&老猫ホーム ひまわり」

  1. >>
  2. >>
  3. 茨城のテーマパークが運営する「老犬&老猫ホーム ひまわり」

犬のテーマパークが営んでいる施設

犬のテーマパークであるつくばわんわんランドが運営管理を行っている動物介護施設です。
これまで多くの高齢ペットのケアを行ってきたという実績をもっていますので、いろいろタイプの高齢ペットを預ける事に対して柔軟な対応をしてもらえます。

高齢になってしまうとペットの世話は非常に大変になることが多い物です。
そのような高齢ペットのケアで悩んでいる飼い主の助けにもなってくれるはずです。

高齢のペットは病気になりやすいという面があります。
また、病気が急に悪化してしまうようなことも起きてしまいます。
そのような高齢ペットのケアの方法を熟知した担当者が施設で高齢ペットのケアをしてくれていますので、安心して預けることが出来るようになります。

そればかりでなく施設の近隣には動物病院もありますので、万が一の場合にも獣医さんに診てもらうことが出来ます。
施設には40人以上のスタッフが在籍していますので非常に手厚いケアを受けることが出来ます。
広々とした施設内には3か所のドッグランがあります。

設備の中は冷暖房完備ですので、いつも快適に生活することができます。
また、日光浴をすることが出来るテラスも完備していますので、ストレスフリーの生活をペットが送ることが出来るようになります。

ペットの日常

朝8時半にペットは散歩をスタートさせます。
散歩の後はテラスでのんびりとした時間をすごします。
歩くことが出来なくなってしまったペットの場合にはベッドでのんびりと過ごします。

その後朝ごはんとなります。
ドッグフードが主たる食事となります。
フードの硬さに関しては、ペットの状態に合わせて調節してもらえます。

飼い主が希望のフードを与えることもできます。
この場合には飼い主の費用負担となります。
10時からは体のケアを行います。それに合わせて、ペットの体調のチェックを行います。

衛生状態をよくするために、飼育スペースの掃除も行われます。13時からは面会時間です。
17時まで飼い主と楽しい時間を過ごすことができます。
面会後は散歩を行います。15時半からはご飯の時間になります。

17時からは就寝時間になります。
ペットのサイズに合わせてベッドの大きさを工夫してもらうこともできます。

あらかじめ知っておきたいこと

施設に預けてあるペットに関する医療費はすべて飼い主の負担になります。
また、10歳以上の犬に関しては、施設に預けることが出来ます。
相談をすれば、それ以下の年齢でも預けることが可能です。

非常に攻撃性を持ったペットの場合には施設に預かってもらえない場合もあります。
ペットを預ける場合にはワクチン接種の証明書の提示が必要になります。

Grsen7uK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です