動物病院運営で安心な鳥取の「木原ペットクリニック」

  1. >>
  2. >>
  3. 動物病院運営で安心な鳥取の「木原ペットクリニック」

動物病院が運営する施設

山陰地区にある、唯一といっても過言ではない老犬に対応してくれる施設です。
動物病院が運営している施設ですので、急な病気にも対応してもらうことができますので非常に快適で安心できます。
担当の先生は西洋医学の獣医さんですが、東洋医学も積極的に取り入れたケアが行われています。

和洋折衷の動物ケアが大きな効果を発揮してくれています。
獣医師さんの判断の元できるだけ痛みとストレスを感じないような日常を過ごすことが可能になるようになります。
施設にトリミングだけを依頼することもできます。

施設内でペットはすべて屋内で飼育されます。
快適な環境で常にペットは生活することになります。

一日の流れ

9時にペットは起きます。
トイレを兼ねた散歩が行われます。
散歩は全頭まとめではなく、一頭ずつ行われます。

基本的に雨の日は散歩は行われませんが、散歩好きのペットの場合には雨の中の散歩を行う場合もあります。
9時半からは朝ごはんです。
動物病院専用の品質の良いエサが与えられます。

ペットの体調に合わせたカロリー調整も適宜行われます。
動物が病気である場合には薬が出されます。
10時からは包帯の交換やシャンプー・トリミングが行われます。

トリミングだけをお願いすることも可能です。
11時からはお昼寝となります。
のんびりとした時間をペットに過ごしてもらえるようにします。

12時からはお安の時間になります。
おやつは楽しみというよりも体力の回復を目的にしたものです。
13時からは昼ごはんです。低カロリーのものが用いられます。
14時からはマッサージの時間になります。

ペットの健康維持を目的とした、マッサージを東洋医療の観点から行っていきます。
16時からはお散歩をします。
お散歩をしている間にペットの飼育スペースの掃除が行われます。

いつも綺麗な環境で過ごすことが出来るようになるので、幸せな気分になるはずです。
18時からは夕ご飯となります。20時からは就寝の時間です。
動物病院が閉まるタイミングで寝ることになります。
寝ている間もペットの状態のモニターが行われます。

留意事項

飼育しているペットのケアに必要な薬や処置の費用などは別途飼育者の負担になります。
施設に預けることが出来るペットの年齢に上限はありません。
あらかじめ狂犬病、その他ワクチン接種と証明書の提示が必要です。
寄生虫などの駆除が住んでいることも必要です。

追加料金を支払えば、早朝にペットを預けることができます。
夜間にペットをお迎えに行くこともできます。
20キロを超えるような大型犬を施設に預けることも可能です。
大型犬を施設に預けたいと思う場合には、あらかじめ施設の方に詳細を相談してみるようにするといいでしょう。

Grsen7uK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です