敷地1,000坪でのびのび過ごせる千葉の「リリモナハウス」

  1. >>
  2. >>
  3. 敷地1,000坪でのびのび過ごせる千葉の「リリモナハウス」

自由にペットが過ごすことが出来る施設

1000坪を誇る広大な敷地の中でペットがのんびり過ごすことが出来る施設がリリモナハウスです。
施設内で犬はリードにつながれることなく自由にそして気ままに過ごすことができます。
室内も自由に歩き回ることが出来る設計となっています。

施設は冬でも温暖な千葉県の大網白里子市にありますので、快適な毎日を犬が過ごすことが出来るようになります。
大きな癒し効果を持った施設ですので、飼い主さんの方も癒しを得ることができることでしょう。
犬への面会が楽しみになるはずです。

24時間施設にはスタッフが在駐していますので、安心して犬のケアを依頼することができます。
犬が寝ている間も犬の様子をモニターで監視していますので、なにかの時にも迅速な対応が可能です。

犬を施設に預ける時には送迎を依頼することもできます。
また、近隣にある動物病院との提携もありますので犬が急病になっても心配ありません。

施設での1日

施設では8時に朝ごはんとなります。
メニューは施設のものを提供することもできますが、一方で飼い主さんの方で希望するメニューをお願いすることも可能です。
場合によっては追加料金が必要になることもあります。
9時からは自由時間となります。

施設内を自由に動き回って運動をさせます。
運動をすることが困難な犬の場合には、介助をしてもらうこともできます。
介護が必要な犬の場合にはマッサージをしてもらうこともできます。

のんびりと日向ぼっこして過ごす場合もあります。
十分に体を動かした後はお昼寝をします。
その日をゆったりと過ごしていきます。

ストレスフリーの毎日を犬は体感することができるはずです。
18時からは夕ご飯です。

朝ごはんと同じように施設のメニューを提供することもできますが、希望に合わせてメニューを調整することも可能です。
19時からは就寝の時間になります。
楽しい夢をみてもらえるはずです。

注意点

施設に犬を預けている間に犬に医療に関する費用が必要になってしまったら、その場合には飼い主さんがその費用は負担することになります。
施設は動物病院との提携がありますので、:治療方針は動物病院と相談しながら進めていくことになります。

施設に犬を預ける場合の犬の年齢に制限はありませんが、狂犬病、混合ワクチンの予防接種の証明書のコピーの提示が必要になります。
併せて飼い主さんのIDのコピーの提示も必要になります。
また、感染症を持っている犬は預けることが出来ない場合があります。

あまりにも人間に対して攻撃的な犬は施設に預けることはできません。
施設内にあるドッグランのみの利用も可能です。
不明の点は何でも施設に問い合せてみるといいでしょう。

Grsen7uK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です