広いドッグラン設備もある千葉の「老犬ホーム 九十九里パーク」

  1. >>
  2. >>
  3. 広いドッグラン設備もある千葉の「老犬ホーム 九十九里パーク」

多くの自然に恵まれた施設

多くの植物と海、川に恵まれた房総半島に位置している暖かい環境でペットの飼育をすることが出来る施設です。
芝でできた非常に広大なドッグランが人気を博しています。
東京から車で1時間のアクセスになっていますので、非常に便利なロケーションです。

ドッグランは芝に覆われていますのでペットの足を痛めてしまうことも無くなります。
ドッグランの他にも施設の周囲には多くの散歩コースがありますので、ペットがストレスを感じてしまうこともありません。
常にリフレッシュした気分で毎日を送ることが出来る事でしょう。

飼い主は10時から16時の間にペットと面会することができます。
ペットはすべて室内で飼育されています。
ペットの送迎を依頼することもできます。
近隣の動物病院との提携がありますので、ペットが急病の時にも安心です。

施設でのペットの日常

8時から施設では朝ごはんとなります。
ペットの体調に合わせてメニューを調整してもらえます。
飼い主が希望のメニューとすることもできますが、その場合には飼い主が実費負担となります。

9時からは軽い準備運動をしてその後散歩に出かけます。
その時の環境温度やペットの体調に合わせて散歩の時間と距離が決められます。
併せてペットと十分なコミュニケーションを取り、ペットの健康状態を把握していきます。

12時からは自由時間となります。
広大なドッグランでのびのびとペットに過ごしてもらうことをします。
自由時間の間に施設のスタッフがペットの飼育スペースを掃除してくれますので、いつでも快適な時間をペットは過ごせるようになります。

また、飼育スペースのメンテナンスも行ってもらえます。
定期的に近隣の病院で健康診断や予防接種を行ってペットの健康状態を把握します。
16時からは散歩に時間になります。施設の周囲にある遊歩道は車が来ないので安全な散歩が可能です。

17時からは夜ご飯になります。ペットの体調に合わせて無添加の健康的な餌が与えられます。
18時になると就寝時間になります。
エアコンを調整することを行い、快適な安眠空間を提供してもらえます。
定期的に夜間はペットの様子を巡回して、急な事態にすぐに対応可能な体制をとっています。

施設を利用するにあたっての留意事項

施設内のペットが病気になった場合に医療費については、飼い主が負担することになります。
施設に入所することが出来るペットには年齢制限はありません。入所金や一時金などは不要です。
ペットを施設に預けるために必要な費用は原則として一括払いになります。

分割払いには応じてもらうことはできません。
施設の利用にあたって、不明の点がある場合には問い合わせをすることが可能です。

Grsen7uK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です