スタッフが24時間常駐している宮城の「ケア付ペットホテル ニャンワンクラブ」

  1. >>
  2. >>
  3. スタッフが24時間常駐している宮城の「ケア付ペットホテル ニャンワンクラブ」

多くの安心がある仙台の老犬ホーム

24時間スタッフがいてペットのケアをしてくれる老犬ホームです。
スタッフはペットへの声掛けを行ってくれます。
それぞれのペットの大きさに合わせた飼育スペースとなっています。

施設の屋上にはドッグランも作られていますので、ペットが運動不足になってしまうこともありません。
飼育スペースの温度管理も十分に行われていますので、常にペットは快適な時間を施設内で過ごすことができます。
施設は動物病院との提携がありますので、飼育中の急病にも対応してもらえますので安心です。

充実した毎日を過ごす

施設内で、ペットは7時半に起きて、朝の散歩を行います。
散歩の行程は犬の年齢や体調に合わせて設定されます。
散歩はまとめではなくて、一頭ずつ行われます。

8時半からは朝食です。
老犬の場合にはそれにマッチしたメニューとなります。
自力で餌を食べることが出来ない場合には介助をしてもらうこともできます。

10時からはシャンプーやマッサージのケアを受けます。
ペットの体調を考慮にいれながら、ケアのメニューが決まりますので、ペットが負担を感じてしまうこともありません。
併せて病院での治療が必要になる場合には、提携の動物病院で診てもらうことになります。

16時からは散歩の時間です。
17時からは夕食の時間となります。
18時以降は消灯となります。

ペットが落ち着いた時間を過ごすことが出来るような雰囲気つくりをします。
23時以降はトイレタイムです。
おしっこが出にくい場合にはマッサージによる介護が行われます。
就寝中もスタッフがペットの様子を確認することをしています。

諸注意について

施設にペットを預けている間に、ペットが病気になってしまったら、提携先の病院で治療してもらうことになります。
その場合の治療費は別途飼い主が負担する必要が出て来ます。

ワクチンなどの接種費用も同様に飼い主負担となります。
飼い主が希望するペットフードをペットに与える場合には、それをお持ちいただくか、代金を支払って施設に用意してもらわなくてはなりません。
施設へのペットの送迎は料金が発生します。基本的に宮城県内だけのサービスですが、相談すれば、県外への対応も考えてくれます。

施設へ預けるペットの年齢には制限がありません。
預ける場合には、狂犬病、その他ワクチン接種と証明書などの提示が必要になります。

必要に応じて預入の前にペットの血液検査を依頼する場合があります。ペットへの投薬・介護サービスを依頼する場合には、場合によっては追加料金が発生することもあります。
デイサービスではなく、1時間単位でペットを預けることも可能です。不明の点は相談してみるといいでしょう。

Grsen7uK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です