千葉にある一頭一頭に合ったお世話をしてくれる「ペットハウス ながらELLE」

  1. >>
  2. >>
  3. 千葉にある一頭一頭に合ったお世話をしてくれる「ペットハウス ながらELLE」

ストレスフリーを約束してくれる施設

ストレスがあると人間も動物も病気になってしまいます。
健康的な毎日をペットに過ごしてもらうようにすることを考えて、ストレスフリーを実現した施設がELLEです。

施設に入る前のそれぞれのペットの生活習慣をヒアリングして、出来るだけ自然な形で施設での生活を送ることが出来るような配慮をしてもらえます。
少数での飼育を常に心がけてもらえますので、心のこもったケアを受けることができます。
ケージなしでの飼育にも柔軟に対応してもらうことが可能です。

食事のメニューや、散歩の時間などの調整も可能です。
常に丁寧な対応を心がけてもらえますので安心です。
スタッフは24時間施設にいます。
施設の近隣にある動物病院との提携もあります。

ペットの日常

飼い主さんの要望に合わせて、生活スタイルは変更することは可能ですが、一般的な生活スタイルは以下の様になります。
ペットは7時に起床します。起床後元気なペットは外にでてオトイレをします。

おむつをしているペットの場合にはおむつ交換を行った後にぬるま湯で体をきれいにしてもらいます。
7時半からは朝ごはんです。
ペットがおいしくご飯を食べているかどうかの確認をします。

9時からはブラッシングをします。
体をきれいにしてもらえますので、ペットは嬉しい気分になるはずです。
12時からはオトイレタイムです。

その後天気が良ければ散歩をします。シャワーが必要な場合にはシャワータイムとなります。
15時からは健康状態のチェックが行われます。異常がある場合には提携病院で診てもらうこともできます。
16時からは飼い主さんにその日のペットの様子の報告が行われます。

18時からは夕食となります。19時からはトイレタイムで、19時半からは就寝時間となります。
ペットが就寝したあともその様子をスタッフがモニターしていますので、安心です。
22時からはトイレタイムとなります。

施設を利用するにあたって

ペットが発病した場合の医療費や怪我にたいする治療費はすべて飼い主の負担となります。
フィラリアの予防薬、おむつなどの費用も飼い主負担となります。

施設で指定するドッグフード以外の餌をペットに与える場合には飼い主がそれを提供するかあるいは費用を支払う必要があります。
年齢制限は設けていませんので、全てのペットを預けることができます。
狂犬病、その他ワクチン接種と証明書の提示も併せて必要になります。

ペットが感染症にかかっている場合には施設への入所がNGとなることもあります。
あまりにも攻撃的なペットの場合も同様に入所がNGとなる場合があります。日帰りプランや1時間単位でペットを預けることも可能です。
必要に応じて施設に相談することができます。

Grsen7uK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です