しつけ

  1. >>
  2. しつけ

しつけというものについて

シニア犬になると、今までとは違ったしつけが必要となることもあります。
シニア犬ならではのしつけのあれこれを考えていきましょう。

そしてシニア犬が楽しく生きるために、飼い主はしっかりしつけていきたいものです。
人間と犬が共存して過ごせるよう、必要なしつけを行うことが大切になります。

シニア犬にもしつけはしてもOKなの?

シニア犬になってまでしつけをしていいの? と思っている飼い主もいるかも知れません。
しかし痴呆になっている犬でなければ、若いときのようにすぐに覚えられなくてもしつけは大切です。
そしてそのしつけは今後のシニア犬が楽に生きられるためのものなのです。

老いによる無駄吠えについて

無駄なきには単なる加齢によるわがままの場合もあれば、難聴になったり体が思うように動かないなどの不安が原因の場合もあります。
他にも病気やケガなどもあるので、まず医師にチェックしてもらうことも大切です。

リハビリでトレーニングすること

体が自由にならないという、加齢からくる可動域の狭まり、関節のこわばりなども考えられます。
そんなときには老犬のリハビリでトレーニングをしていきましょう。
今の状態を改善することもでき、今後より悪化を予防することもできます。

粗相としつけのし直し

粗相が続くようになったら、おしっこシートをワンちゃんの通る場所にいくつも置いておき、そこにおしっこをしていいことを教えてあげます。
それが分かれば、部屋の中で行われるような粗相が減るようになります。

おしっこの臭いは野生的なものですので、なるべくトイレ以外での粗相は避けなければいけません。
飼い主が行う最低限のしつけとして覚えておきましょう。

>>シニア犬にもしつけはしてOK?
>>老いによる無駄吠え
>>リハビリでトレーニング
>>粗相としつけのし直し