ふらふらと徘徊してしまうのを止める

  1. >>
  2. >>
  3. ふらふらと徘徊してしまうのを止める

徘徊の原因

老犬が徘徊をしてしまう原因は、痴呆に関係しているといえるでしょう。
室内をウロウロと徘徊するようになってしまった場合には、痴呆を疑ってみてください。
犬も老化すると、人間と同じように痴呆の症状があらわれるようになってくるので、決して特別なことではありません。

ウロウロと室内を徘徊するだけではなく、机や壁などの障害物に頻繁にぶつかるようになった時には特に注意が必要です。
また、痴呆が原因となって発生する症状には、家具と家具の隙間などに入って出てくることができないなどもあります。

無理に徘徊を止めない

老犬の徘徊の原因が痴呆にある場合には、無理に徘徊を止めないことも大切になってきます。
この徘徊については、しつけの問題ではなく、病気の問題になってくるので、無理にしつけをすると逆効果になってしまうことがあります。

痴呆は、脳に何らかの変化があるからこそ発生する症状ですが、痴呆状態の犬は、ウロウロと室内を徘徊することによって、気持ちを落ち着かせている可能性があるのです。
そのため、徘徊している犬は、散歩を楽しむかのようにリラックスしている気分であることも多いです。
徘徊の対策としては、犬が家具などに衝突しても問題ないように、室内の安全を確保することが重要です。

犬用の衝突防止グッズなどが販売されていますので、それを購入するのもよいでしょう。
また、犬が衝突すると危ないようなアイテムを室内から排除することも大切です。
こう考えると、老犬の介護も高齢者の介護と同じで、介護する側がおおらかな気持ちを持って対応することが重要だといえるのではないでしょうか。

ペットサークルで徘徊対策

上手く利用することで、老犬の徘徊対策をすることができるものにペットサークルがあります。
ペットサークルに入れられた老犬は、サークル内をぐるぐると周回することになるので、無理に徘徊を制限する必要がありません。

しかし、ペットサークル使用にも注意があって、あくまでも徘徊を始めた時に限定して利用するというものです。
面倒くさいからといって、常時ペットサークルに入れたような状態にしていると、今度は健康面に不安が出てきてしまいます。

ペットーサークルの選び方は、大きさにこだわりたいところで、大きくても小さくてもいけません。
大体、ペットの大きさの1.5倍程度が目安になってきますので、サイズをあわせて購入するようにしたいものです。

また、深夜徘徊が酷いような場合には、犬の生活リズムが崩れてしまっている可能性があるので、昼間散歩に連れて
行くなどして、昼夜逆転の行動を正すように努めるとよいでしょう。
夜に徘徊されてしまうと、飼い主の睡眠が妨害されたり、近所迷惑になるので注意です。