シニア犬の心のケア方法

  1. >>
  2. >>
  3. シニア犬の心のケア方法

シニア犬には心のケアも

シニアになるとワンちゃんも、いろいろ体など不自由なことが起こってくるので、それに合わせたケアも必要になります。しかし意外と忘れやすいのが心のケアです。シニアになると毎日の生活の中でも、思ったようなことができずにストレスがいっぱいになっていることもあります。
参考ページ:愛犬の心のケアとは?犬のストレス解消法で問題行動を解決!

それを分からず飼い主との関係がぎくしゃくしてしまうこともあるのです。そこで飼い主はシニア犬の心のケアを考えてあげるようにしましょう。

ストレスの現れ

寝込んでいる犬シニア犬のストレスが溜まってしまうと、いろいろな表し方がします。そんな中でも多い行動が長鳴き、無駄なき、破壊行動などがあります。一見攻撃的に見えたり、飼い主からすると悪い子に見えることもありそうです。

しかしシニア犬はこのようなかたちでストレスがたまった状態を伝えてきます。ここで怒ってしまうと、より問題行動を強めることさえあるのです。このようなときには心のケアが必要だと考えてあえましょう。

ストレスの原因

ストレスをためてしまうには、いろいろな原因があります。飼い主が改善できることなら、すぐに改善するようにしましょう。視覚、聴覚、臭覚など犬なら当然持っているべき敏感な感覚が、老化によって働きが低下することでとても不安を感じるようになります。

それによってワンちゃんは普通に生活するだけでも、怖かったり、不安だったりするのです。また思ったように睡眠が取れてないことや、運動をしたいけど体が伴わない。食事と水分に対する不安や、健康に問題がある場合などが主にストレスの原因となります。

ストレス解消法

食事や水分を規則正しい時間に与えることや、散歩も負担のない短時間、数回連れて行くなども大切です。また健康に問題がないか病院でチェックしましょう。視力、内臓、口内環境などの低下はストレスを高めてしまいます。

健康問題は病院でチェックして早く取り除いてあげましょう。またどのような原因であっても、ストレスが溜まってしまっているので、思いっきり褒めてスキンシップを増やしてあげます。それによってストレスは随分解消されます。そして原因が分かれば、それを取り除く努力をしてあげるのも大切なことではないでしょうか。

Grsen7uK